ご依頼の概要

離婚・財産分与等について合意書を作成し協議離婚できた事例

<依頼者>  40代 女性
<依頼内容> 離婚したいが相手方が応じない。
       離婚協議書を作成したい。
<争  点> ①離婚の可否 
       ②親権の獲得
<結  果> 
 離婚協議書等の公正証書を作成し協議離婚できた。

解決に至った経緯

1
相談から依頼まで

 ご依頼者様は離婚を望んでいましたが、相手方が応じず、特に離婚原因もなかったことから、当事者同士での話し合いが困難となり、いかり法律事務所へご相談にこられました。
※ご相談者様は、相手方の数年前の不貞や性格の不一致について悩まれていましたが、証拠が無く、離婚原因と言われるものを証明するには不十分でした。

2
交渉

 離婚原因がなく、現時点で相手方が強固に離婚しないと言っていたため、まずは別居を開始して、別居期間の長期化という事実を積み重ねることにしました。
 別居開始とともに婚姻費用請求を相手方に行ったうえで、離婚等の話し合いを行うこととしました。

3
解決 合意書締結

 最終的には、婚姻費用及び離婚につき合意書を締結したうえで、公正証書を作成し、協議離婚することができました。ご依頼者様は、未払い分の婚姻費用及び慰謝料等を受け取ることができ、親権もご依頼者様と定めて離婚することが出来ました。

特段の離婚事由となり得るものはありませんでしたが、交渉のうえ離婚が成立

依頼者の声

依頼者の声 ★★★★★

 長期に渡り、相談にのっていただき、大変感謝しております。何とか離婚成立することができ、ホッとしております。また、何かの機会があればご相談させていただきたいと思います。

avatar
40歳代 女性
担当弁護士・事務からのコメント

 ご依頼者様が納得できるかたちで解決することができ、大変うれしく思っております。
 明確な離婚原因がない中で、離婚請求を行う場合には、長期的な視点でどのように交渉を行っていくかを検討する必要があります。また、当事者間では感情的な対立から示談交渉を進めることはとても困難なことが多く、加えて、離婚に伴う慰謝料請求となると争点が多岐にわたり調停や訴訟に発展する可能性が高いため、弁護士に依頼することは不可欠となります。
 離婚を検討されている方は、まずは離婚・男女問題に詳しい弁護士に相談することが必要です。
 当事務所には離婚・男女問題に詳しい弁護士が多数在籍していますので、お困りの方は、ぜひ当事務所へご相談下さい。

avatar
弁護士法人いかり法律事務所  ご依頼を頂きありがとうございました。

01030