ご依頼の概要

交通事故・後遺障害14級に認定され示談金が約90万円のUPした事例

<依頼者>
 40代 男性
<依頼内容>
 交通事故
<争点>
 ①後遺障害の有無
 ②休業損害
<結果>
 後遺障害14級に認定(自賠責より75万円の支払い)
 相手方保険会社の提示から約90万円UPの合計約330万円で解決

解決に至った経緯

1
相談から依頼

 ご依頼者様はまだ痛みがあるのにもかかわらず、相手方保険会社から治療費の対応打ち切りを打診されたこと、また、休業期間が約3か月程あったにもかかわらず、相手方保険会社による休業補償が1か月半しかなかったことを不満に感じてご相談に来所されました。  

2
交渉

 まず、治療期間の対応の延長について交渉し、その上で、弊所にて自賠責保険会社に対し後遺障害の認定申請を行いました。
 その結果、後遺障害等級14級に認定されましたので、自賠責保険会社による認定結果をもとに、相手方保険会社と交渉を行いました。特に休業損害については、欠勤日数に応じた休業損害を相手方へ提示しました。これに対し、相手方保険会社は、実際の欠勤日数を認めず、当初の提案どおり1か月半しか補償しないと回答しました。
 そこで、ご依頼者様の業務内容及び3か月の休業を余儀なくされた具体的事情等を丁寧に説明し、交渉を重ねました。

3
解決

 後遺障害等級については、医療調査会社の事前調査の協力を得て、弁護士が意見書も作成したうえで自賠責へ申請した結果、後遺障害等級14級に認定されました。
 休業損害については、2か月半まで補償するとの回答を得られ、結果的に総額約330万円での和解に至りました。ご依頼者様は、自賠責保険会社から後遺障害慰謝料として支払われた75万円と併せて、総額約400万円受け取られました。

ご依頼者様は総額約400万円を受領

依頼者の声

依頼者の声 ★★★★★

対応と結果にとても満足したとのお言葉をいただいております。

avatar
40代 男性
担当弁護士・事務からのコメント

 後遺障害が認定され、最終的な和解金額についてもご依頼者様の満足が得られる結果となり、安心いたしました。
 ご依頼者様の休業期間についても理解が得られたことも大変嬉しく思っております。

avatar
弁護士法人いかり法律事務所  ご依頼を頂きありがとうございました。
弁護士法人いかり法律事務所運営 交通事故相談サイト
交通事故について詳しく知りたい方はこちらもご覧ください。

00775