令和4年1月19日、「企業における広告実務~基礎的な法的知識と権利のポイント~」と題して、第5回目のセミナーを開催いたしました。

本セミナーの目的


 本セミナーは、事業活動を行う上で必須ともいえる広告(チラシ、ホームページ、ネット広告など)について、①素材の利用上の注意点と対策、②権利侵害をしてしまった場合や権利侵害をされた場合の対処方法などについて講演させて頂きました。

概要

 実際に争われた裁判例や著作権、商標権、肖像権などの権利侵害になりうる身近な具体例を挙げながら、広告・宣伝にあたって注意すべき点を解説いたしました。
 また、このセミナーでは、保護されている権利の内容や権利侵害となり得る場合などを解説し、万が一、権利侵害をしてしまった場合や実際に権利侵害されてしまった場合の対応についても解説いたしました。

 こちらの特許情報プラットフォームJ-platPatからキーワードや登録番号などを入力して出願・登録情報などを確認することできます。

開催日時

テーマ:企業における広告実務~基礎的な法的知識と権利のポイント~
日 時:令和4年119日(水)午後1時30分~午後2時30分(終了しています)
場 所:Zoom(ウェビナー)

顧問先企業様向けセミナーのご案内

 当事務所では、今後も定期的にセミナーを行って参ります。
 今後セミナーで取り扱って欲しい周囲で関心の高まっている法律問題、トピックがありましたら是非当事務所までご連絡下さい。
 顧問先企業様のお役に立てる法律問題をテーマとしたセミナーを今後も開催したいと思っております。
 なお、第4回のセミナーの概要についてはこちらご覧ください。
 

ハラスメント公益通報・社外窓口サービスについてのご案内

 令和4年4月1日より中小企業でもパワハラ防止措置義務が法的義務になります。
 →この機会にハラスメント公益通報・社外窓口サービスをご検討ください。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: アンカーラインバナー.png
ハラスメント内部通報についての詳細はこちらをご覧ください。