死亡事案については、遺族の方から依頼を受けることになります。
 遺族の方は、家族が亡くなったことで精神的に辛いにもかかわらず、加害者の保険会社との過失割合や損害額の交渉対応をしなければならないとなると心身ともに疲弊していきます。
 さらには、場合によっては、経済的に困窮することもあります。
 また、相手保険会社の提示金額が一見多額に見えても、そうではないことも多いです。  
 そのため、死亡事案については、全件弁護士が積極的に依頼を受けて遺族を助ける必要があると考えています。

 死亡事案では、交通事故状況の確認が難しいことが多いのですが、いかり法律事務所では、事故状況を独自に調査するとともに、外部の調査会社とも連携して、徹底した調査を行なっております。
 死亡事案について、加害者への損害賠償請求を検討されている方は、是非一度いかり法律事務所にご相談ください。

弁護士法人いかり法律事務所運営 交通事故相談サイト
交通事故について詳しく知りたい方はこちらもご覧ください。