ご依頼の概要

相続・法律論を駆使して約700万円の減額に成功した事例

<依頼内容>
 相続後の遺産を巡る争い・請求を受けていた
<争点>
 ①不動産の賃料収益の帰属
 ②相殺及び再相殺の可否(過去の不動産賃料収益の帰属)
<結果>
 約1000万円の請求をうけていたが
  →僅か300万円で和解にて解決(700万円の減額に成功)

解決に至った経緯

1
相談から依頼まで 

 他の弁護士からの紹介など縁があってご依頼を受けることになりました。
相続した遺産の持ち分割合に応じた賃料の支払請求を受けており、厳しい事案でした。

2
訴訟

ご依頼者様のお話を詳しく丁寧にお伺いし、法的構成をしっかりと検討したことで、相殺による減額という主張ができました。これに対して相手は、再相殺の主張をしました。

3
裁判所から和解案の提示があり解決

裁判所から当方の相殺の主張を十分に考慮した有利な和解案が提示されました。 相手方にも当方主張の妥当性を理解していただけ、最終的には双方譲歩して当方が相手方へ300万円を支払う内容で和解にて解決ができました。

解決結果約700万円の減額に成功

依頼者の声

依頼者の声 ★★★★★

 事務員・弁護士の対応に「もとても満足」、解決までの過程・解決結果についても「とても満足」

avatar
70代 男性
担当弁護士・事務からのコメント

 ご依頼者様が十分にご自身の心情や状況をご説明してくださり、私ども弁護士の説明にも理解を示してくださったお陰で、訴訟上も十分な主張ができ、かつ和解による柔軟な解決ができました。
 あきらめずに、ご依頼者のお話を丁寧にかつ十分お伺いし、その中から法律構成を考えることの重要性を感じることができた事案でした。

avatar
弁護士法人いかり法律事務所  ご依頼を頂きありがとうございました。

00649