ご依頼の概要

男女問題・損害賠償額0円にて解決した事例

<依頼者>
 30代 女性
<依頼内容>
 不貞慰謝料請求(請求を受けた側)
<争点>
 不貞行為の有無
<結果>
 慰謝料請求額330万円 → 0円で解決

解決に至った経緯

1
相談から依頼まで

 突然、相手方の弁護士からご自宅に損害賠償請求(不貞慰謝料)の内容証明が届き、身に覚えのない内容に驚いた依頼者様は、弊所HPを見て相談にご来所されました。
 相手方は、ご依頼者様が勤務するお店の常連さんの奥様でした。

2
交渉及び訴訟

 ご依頼者様と常連のお客様は、不貞行為に及んだことはなく、店員と客との間柄でした。そうしたところに相手方から、ご依頼様と常連のお客様との不貞を前提とした慰謝料を請求する内容の書面が届き、ご依頼者様は大変困惑していました。
 そこで、まず、なぜ相手方が不貞行為があったと断定し書面を送付するに至ったかを確認するために、不貞の根拠となった資料の開示を求めることにしました
 しかし、相手方から不貞の根拠となる資料の開示はされず、相手方はご依頼様を被告として訴訟を提起されました。そこで、証拠として提出された資料の精査し、不貞行為はなく、店員と客の間柄であることの主張立証のための準備をしていました。

3
訴訟取り下げにて解決

当方で請求を棄却する旨主張し、主張立証の準備を進めていたところ、相手方が損害賠償請求訴訟を取り下げました
 訴訟の取下げの際に、相手方代理人へ再訴の確認をしたところ、当代理人では再訴は行わないとの返答をもって事件は終了となりました。

損害賠償請求330万円を請求されましたが0円にて解決

依頼者の声

依頼者の声 ★★★★★

ありがとうございました。

avatar
30代 女性
担当弁護士・事務からのコメント

 ご依頼者様が書面到着後すぐに弊所にご相談されたことにより、不要な支払いをすることなく解決できたと思われます。
 もし今回の件と同様に不貞関係ではないのに、慰謝料請求をされてお困りの方がいらっしゃいましたら、送られてきた書面に対する返答や、放置をしたりせずに、まずはご相談ください。

avatar
弁護士法人いかり法律事務所  ご依頼を頂きありがとうございました。