労働問題

福岡の弁護士による裁判事件の紹介 施設管理権行使と支配介入 オリエンタルモーター事件 最高裁平成7年9月8日第二小法廷判決【104】

労働問題

【読むポイントここだけ】

 この判例は,使用者の許諾を得ないで企業施設を利用して行う組合活動は,施設の利用を許さないことが使用者の権利の濫用であると認められる特段の事情がある場合を除き,正当な組合活動に当たらないと判断しました。

【事案の概要】

(1)  Zは,X社の従業員らにより結成された労働組合である,団体交渉の結果,事業所内での組合事務所設置をXは基本的に了解した。Zは組合事務所の設置場所等を内容とする覚書を渡して記名押印を求めたが,X社は合意のない事項への協定締結には応じられないとした。
(2)  X社は,会場使用許可願の提出があれば,業務に支障がない限り食堂の使用を許可していた。Zが食堂で学習会を行っていたところ,守衛が参加者の氏名を記録したため,Z執行委員長らは抗議して守衛から記録用紙を提出させた。X社は,当該守衛業務が組合への干渉であるとの主張をZが維持するのであれば,施設利用を一切認めないとの警告通知を行った。ZはX社の許可なく食堂を使用し続けた。
(3)  X社は,前日までに使用許可願を提出すること,外部者の入場は総務部長の許可を得ること,排他的な使用をしないこと等を誠実に守るのであれば,支障のない限り,食堂の使用を許可する旨をZに文書で申し入れた。これに対し,Zは,正当な理由がない限り食堂使用を拒まないこと,外部者の入場は制限しないこと等をX社に申し入れた。X社は,Zの申入れはXの施設管理権を無視したもので容認できない旨を文書で回答した。
(4)  Zの申し立てを受けて,千葉地労委は,X社によるZの食堂使用の排除は支配介入に当たるとした。中央労働委員会Yも同様の判断を行い,Zから食堂の使用の申入れがあった場合には,X社は誠意を持ってこれに応じなければならないと命令した。X社は,Yの命令の取消を求めて提訴した。

第一審:請求認容,控訴審:控訴認容

【判旨 判旨の概要】一部破棄自判,一部上告棄却

(1)  労働組合又はその組合員…に対しその利用を許さないことが当該企業施設につき使用者が有する権利の濫用であると認められるような特段の事情がある場合を除いては,当該企業施設を管理利用する使用者の権限を侵し,企業秩序を乱すものであり,正当な組合活動に当たらない。
(2)  使用者が組合集会等のための企業施設の利用を労働組合又はその組合員に許諾するかどうかは,原則として,使用者の自由な判断に委ねられており,使用者がその利用を受忍しなければならない義務を負うものでないから,権利の濫用であると認められる場合を除いては,使用者が利用を許諾しないからといって,直ちに団結権を侵害し,不当労働行為を構成するということはできない。
(3)  本件では,Zは…無許可使用を5か月近く続けていたのであって…正当な組合活動に当たらない。…以上によれば,X社の権利の濫用であると認めるべき特段の事情があるとはいえず…X社の食堂使用の拒否が不当労働行為に当たるということはできない。

【解説・ポイント】

 そもそも使用者の許諾を得ることなく企業施設を利用することは,原則として正当な組合活動とは言えません。ただし,判例は,使用者が利用を許さないことが施設管理権の濫用となるような特段の事情がある場合にはこの限りではないとし,このような使用者の施設管理権の濫用といえるような行為は,支配介入行為として不当労働行為にあたると判断しています。判例からは,使用者の上記支配介入行為があれば,ただちに許諾を得ないで行った組合活動が正当な組合活動といえるかは不明ですが,「特段の事情がある場合にはこの限りではない」と判示していることから,反射的に組合活動は正当化され得るものと考えられます。

福岡の弁護士による無料相談

福岡の弁護士に相談をしたい,無料相談で自分の場合どうなるか知りたいという方は・・・

無料相談問合せページへ