顧問契約の5つの理由

1 電話・FAXでの相談が気軽にできるので,迅速な対応が可能になる

通常、法律相談は予約をして、来所していただき行いますが、顧問契約をしていただいた企業の方の相談は、面談はもちろん、電話・FAXでの対応もさせていただいております。
電話・FAXでの対応ができることにより、問題が起こった場合に迅速に対応できるようになります。

2 従業員の福利厚生の一環として使える

相談をお受けできる範囲は、経営者の方はもちろん、従業員の方の相談(交通事故、離婚、相続、借金問題etc)も顧問料の範囲内として無料にてお受けできます。
【顧問契約内で対応可能な相談】
  • 1 企業の相談
  • 2 経営者の方の個人的な相談 たとえば,不動産取引,離婚,相続その他
  • 3 従業員の相談 たとえば,交通事故,離婚,相続,借金問題その他
  • 4 ご紹介を受けたお知り合いの方

3 企業としての信用度が上がる

弁護士と顧問契約をすることで,一定の法的対応をしているとの信頼を得ることができ,また,契約書のチェックなどを受けることにより、より高い信頼を得ることができるものと考えております。

4 安価で弁護士を法務部として雇うようなもの

顧問契約をしていただくことによって、気軽に相談ができる体制ができますので、弁護士を法務部に雇うのと同じです。従業員を一人雇うよりもはるかに安価で人件費を削減できますし、顧問料は会計上、経費として全額計上できますので節税にもなります。

5 特別割引が受けられる

取引先との法的問題等で訴訟となった場合、顧問契約をしていただいておくと、通常の価格よりも割引いた価格でご依頼いただけるようになっております。

顧問契約の必要性

企業間取引において,私は弁護士として,紛争を数多く取り扱ってきました。このような経験から,弁護士が事前にアドバイスをしていれば,防げたはずの紛争は多数あったと感じています。
残業代の請求,解雇など社内の労働・労務問題についても,裁判を経験している弁護士だからこそできるアドバイスがあります。従業員の地位を尊重しつつ,会社にとっての利益を追求し,交渉,労働審判対応,訴訟まで一貫して行えるのは弁護士だけ。
そこで,福岡の企業の皆様には,福岡の弁護士に気軽に相談できる体制を整えるために,顧問契約をして頂きたいと思っています。
私は,顧問契約というのは,利用の仕方によっては経済的効果の高いものだと考えています。たとえば,法務部を外部に委託する,法務部の社員の安心・教育につながると考えてみてはいかがでしょうか。

顧問契約内で対応可能な相談

料金(消費税別)

月額3万円~10万円
*事業規模・内容,顧問業務の内容等に応じて,柔軟に対応致しますので,ご相談下さい。

料金月額:顧問契約なし
業務総時間
電話相談
×
  
来所相談
30分 5,000円
  
契約書チェック
1件 40,000円

料金月額:3万円
業務総時間
3時間
電話相談
  
来所相談
  
契約書チェック

料金月額:5万円
業務総時間
5時間
電話相談
  
来所相談
  
契約書チェック

料金月額:10万円
 
業務総時間
10時間
電話相談
  
来所相談
  
契約書チェック