1 慰謝料とは?

 慰謝料とは、離婚によって被る精神的苦痛に対して支払われる賠償金のことをいいます。離婚原因となる配偶者の行為(いわゆる不倫にあたる不貞行為など)によって生じた精神的苦痛に対する損害の賠償として支払われることが多いです。

2 確認すべき事項

 まず①誰から請求されているか(配偶者?それとも第三者?)、次に②請求の根拠③記載されている事実関係に相違はないか、④請求額はいくらか、⑤返答期限はあるか、などを確認してください。
 ①については、第三者の場合、それが誰であるかを把握することが必要です。不貞行為(不倫・浮気)をしている場合は、自身の交際相手の配偶者である可能性が高いです。
 ②については、何を理由に請求されているのか、不貞行為なのか暴力なのか、③については、その事実関係に間違いはないか。事実関係を整理するために確認することが必要です。
 ④請求額は記載されている場合とそうでない場合があると思いますが、記載されている場合は、金額の妥当性を判断することが必要です。慰謝料の相場は一律で決まっているわけではありませんが、事情によっては、高額の請求である場合もありますので、一度弁護士に相談することをおすすめします。
 ⑤返答期限がある場合は、返答すべきかを含めて悩まれることが多いと思いますので、お早めにご相談ください。弁護士が代理人として就いている場合は、支払う・支払わないにかかわらず、一度連絡を入れることが望ましいと思われます。

3 どうすればいいの?

 請求されている理由に全く心当たりがない場合は、支払う必要はありません。
 心当たりはあるが、事実関係が違う場合でも、支払う必要がない可能性もあります。たとえば、不貞行為を理由とする慰謝料請求の場合は、交際相手が既婚者であると知らなかった場合などです。
 事実関係についてすべて間違いない場合は、交渉によって、請求金額の減額や支払方法(分割払いなど)について協議できる場合がありますので、弁護士にご相談ください。