事業者のお客様

主な取扱分野一覧

企業法務・顧問弁護士

このようなお悩みはありませんか?

・会社の中で日常的に起きる法律問題を気軽に、すぐに対応してくれる弁護士がほしい。
・顧客からのクレーム対応についてアドバイスをもらいたい。
・経営者やその家族の個人的な問題や従業員の相談にのってもらいたい。
・会社法に基づいて取締役会や株主総会を執り行なっていきたい。

当事務所の特徴

企業間取引において、数多くの紛争を取り扱ってきました。このような経験から、弁護士が事前にアドバイスをしていれば、防げたはずの紛争は多数あったと感じています。顧問契約というのは、利用の仕方によっては経済的効果の高いものだと考えています。例えば、法務部を外部に委託する、法務部の社員の安心・教育につながる、と考えてみてはいかがでしょうか。ご検討ください。

事業譲渡・倒産・再生

このようなお悩みはありませんか?

・スムーズな事業譲渡のため、アドバイスがほしい。
・現時点で債務超過となっているが、何とか事業譲渡を完了させたい。
・会社をたたむことになったので、破産の手続きや清算をお願いしたい。

当事務所の特徴

破産申立や再生申立はタイミング一つで状況が変わります。事業譲渡や倒産に関しても同様です。会社が危ないと思ったときにまずすべきことは何か、してはいけないことは何か。再建の道は残されているのか。早急に弁護士にご相談いただき、戦略的に進める必要があります。どうぞお早めにご連絡ください。

契約書・契約トラブル

このようなお悩みはありませんか?

・新規事業を始めるにあたり、多数の契約書を交わす必要があるが、当社に不利な内容になっていないかチェックしてほしい。
・取引先から送られてきた取引基本契約書の内容を、当社に有利に修正してほしい。
・契約書や就業規則をチェックしたい。
・プライバシーポリシーを作成したい。

当事務所の特徴

顧問契約までは必要ないけれど、契約書をチェックしてほしい、リーガルチェックをしてほしい。そんなお悩みにも対応いたします。定期的に契約書などの書面のリーガルチェックを受けておくことで、対外的により高い信頼を得ることができます。相談時間内にできる簡易な契約書チェックは無料です。お気軽にご相談ください。

債権回収・売掛金回収

このようなお悩みはありませんか?

・契約書はあるが、支払ってくれない。
・契約書はないが、納品した商品の代金(売掛金)を支払ってほしい。
・お金を貸したが返してもらえない。
・取引先・相手には収入がありお金も持っているが、支払ってくれない。

当事務所の特徴

債権回収や契約内容の実現可能性を早期に判断いたします。法的手続きの流れをご説明して、立証に必要な証拠などを的確にご案内します。必要に応じて相手方の所在調査、財産の差し押さえを行います。
内容証明を弁護士名で発送するのはもちろんのこと、示談書や裁判所に提出する書面は弁護士が全て作成いたします。裁判には弁護士が出廷するので、日常業務・仕事などへの影響が最小限ですみます。債権・売掛金の回収は、交渉のプロである弁護士におまかせください。

労働問題

このようなお悩みはありませんか?

・退職した社員から多額の残業代金の支払いを請求された。
・裁判所から労働審判手続の期日呼出状が届いた。
・問題社員を退職させたいが、どうしたらいいか。
・匿名で会社に電話がかかってきて、業務妨害を受けている。

当事務所の特徴

残業代の請求、解雇など社内の労働・労務問題についても、裁判を経験している弁護士だからこそできるアドバイスがあります。従業員の地位を尊重しつつ、会社にとっての利益を追求し、交渉、労働審判対応、訴訟まで一貫して行えるのは弁護士だけです。安心しておまかせください。

医療問題(病院側)

このようなお悩みはありませんか?

・診察料を支払わない患者がいて困っている。
・入院患者同士のトラブルにどのように対処してよいかわからない。
・患者から医療看護対応についてクレームを受けている。
・個人の診療所の労務管理・各種書面作成全般のリーガルチェックをお願いしたい。
・病院クリニックの経営層内部で揉めている。

当事務所の特徴

医療業界は、特にリスク回避のための準備が重要です。詳細なカルテや看護記録を作成したり、法的なチェックを受けた同意書を用意したりしていても、トラブルが起きてしまうこともあるでしょう。また、クリニック、専門院、総合病院……病院の形態一つをとってみても、トラブルの種は様々なところにございます。

事後の対策はもちろんのこと、事前のトラブル予防策についてもお気軽にご相談ください。

不動産・建築・賃貸トラブル

このようなお悩みはありませんか?

・賃貸物件の入居者が家賃を滞納している。
・隣接地所有者のブロック塀が当社所有地に越境して築造されている。撤去させたい。
・土地を貸しているが、借地人が借地料を滞納している。借地人の家を取り壊して土地を明け渡してもらうことはできないか。
・居住者から騒音対策を行なうよう求められた。どのように対応すべきか。

当事務所の特徴

滞納された賃料や管理費の回収など、業者のみなさまにとって賃貸トラブルは頭を悩ませることが多い問題だと思います。建物明渡交渉や訴訟も含め、不動産・建築・賃貸トラブルについても弁護士におまかせください。他士業とも連携して、スムーズな解決を目指します。

損害賠償請求事件

このようなお悩みはありませんか?

・インターネット上で嘘の情報を流した人物に対して、損害賠償などの法的責任を追及したい。
・新社屋を建築したが、瑕疵があった。建築業者に対して損害賠償を請求したい。
・問題を起こした社員に対して、損害賠償請求をしたい。

当事務所の特徴

損害賠償請求の方法は、内容証明を送ることだけではありません。示談交渉から始めたほうがよい場合もあれば、すぐに訴訟をしたほうがよい場合もあります。見通しや、損害賠償額、解決に要する期間、費用など、個別の事情に合わせた最適な解決策をご提案いたします。