依頼者の声

依頼者の声 ★★★★★

この度は長期間にわたりご尽力頂き誠にありがとうございました。大変お世話になりありがとうございました。

avatar
30代 女性

ご依頼の概要

医療調査や意見書の作成などを準備して後遺障害等級14級の認定が得られた事例

<依頼内容>
 慰謝料の増額請求を受けていた
<争点>
 ①休業損害の期間
 ②後遺障害認定の有無
<結果>
 相手方保険会社より休業損害は3カ月までと言われ、頚椎捻挫のため後遺障害の認定は難しいと思われていたが
  →症状固定時まで休業損害が認められ、慰謝料約350万円で解決(後遺障害等級14級認定)

解決に至った経緯

1
相談から依頼まで 完全成功報酬制でのご依頼

顧問先からの紹介など縁があって依頼を受けることになりました。
追突事故により頚椎捻挫の症状を負った事案で、後遺障害等級が認められるか微妙な事案でした。

2
交渉段階でのやり取り

依頼者のお話をよく詳しく丁寧に伺い、医療調査や意見書の作成など入念に証拠集を行ったことで、後遺障害等級14級の認定を受けることができました。

3
訴外で示談書を取り交わして解決

相手保険会社から当方の主張を十分に考慮した損害額が提示されました。 相手保険会社も当方の主張の妥当性を理解していただけ、最終的には双方譲歩して相手保険会社が当方に約350万円支払う内容で解決ができました。

解決結果、慰謝料約350万円へで示談に成功

担当弁護士・事務からのコメント

 本件では休業損害の期間について争いがありましたが、後遺障害等級が認定されたため、症状固定日までの休業期間が認められました。依頼者の方が十分にご自身の心情や状況をご説明してくださり、私ども弁護士の説明にも理解を示してくださったお陰で、十分な主張ができ、かつ当方に有利な示談内容で解決ができました。
 本件と異なり、後遺障害が認められない場合には、症状固定日まで休業損害を認めてもらうことが難しい場合があります。どのような証拠を準備すれば休業損害が認められるか、これは怪我の程度や事故態様などによって異なりますので、何を準備するべきか分からない場合には、お近くの法律事務所に相談してみることをお勧めいたします。

avatar
弁護士法人いかり法律事務所  ご依頼を頂きありがとうございました。